市販のキャットフードが危険なわけ

 

 

ドラッグストアやドン・キホーテなどの大手量販店、ペットショップなどでは、毎日激安価格でキャットフードなどが販売されていますよね。

 

 

ついつい、安いからという理由でキャットフードを選んでしまう方も多いでしょう。

 

 

その他にも、

 

 

「何年も前からロングセラーで販売しているから信頼ができる」

 

「テレビCMもやっている有名な商品だから」

 

「パッケージの猫がうちの子と同じだから」

 

「どれを買っても全部同じでしょ」

 

 

 

 

などの理由で愛猫のフードを選んでいる方も多いですよね。

 

 

ですが、キャットフードを選ぶうえで最も大切なことは、原材料に何が使用されて何が含まれているかです。

 

 

フードの見た目がカラフルで目が美味しそう、この商品は昔からずっと売れているから、安いから、周りの愛猫家も使っているから、などの理由で原材料はあまり細かくチェックしないで買う方がとても多いです。

 

 

いくら人間にとって美味しそうでも、猫が必ずしも美味しいと感じるわけではありません。

 

 

見た目がカラフルなものは、合成着色料や添加物をたっぷり使用しておりますので、猫にとって良いはずがありません。

 

また、値段が安いという事は、コストもそれだけ抑えているという事にもなります。

 

猫は本来肉食なので、人間と違って、肉や魚などのタンパク質が最も重要なエネルギー源になります。

 

しかし、高たんぱくな肉や魚はコストがかかるため、ほとんどの安いキャットフードは、小麦、トウモロコシなどの穀物を大量に使用しております。

 

 

肉食の猫とって穀物は不必要な成分で、ただ胃腸に負担をかけるだけです。

 

酷いものは、原材料の半分以上穀物というのもあります。

 

 

穀物はすぐに排出されますので、またすぐにお腹が空きます。

 

 

この繰り返しで、穀物などの糖分を摂り過ぎによる、肥満、糖尿病などの猫ちゃんも最近はとても増えております。

 

キャットフードの原材料表示で、始めに穀物の表記されているものは、大半が穀物と言ってもいいでしょう。

 

この様なフードばかり与えていては、猫の健康にとって良いわけはありませんよね。

 

 

その為、最近では多くの獣医さんが、穀物を含まないグレインフリー(穀物不使用)のフードをお薦めしております。

 

特に、ペット愛好家の多いイギリス産の商品は、グレインフリーのものが多いので、ペットフードに関しては国産の物よりも、イギリスなどの海外製品のものが現在では人気となっています。

 

 

国内は、人間用の食べ物などは規制がとても厳しいですが、ペットに関してはまだまだ後進国で、法規制も世界から比べたらとても緩いです。

 

 

人間用としてはとても使用できない劣悪な肉(死んだ獣の肉、病気の動物の肉)を粉砕してから、再度固めて製造したフードもありますので、安価なフードは、安いなりのお理由が必ずあるという事だけは覚えておいてください。

 

 

また、たまに人間用の食べ物をあげる方もいますが、これはNGです。

 

人間用の食べ物は味がとても濃く、猫にとっては塩分が非常に高いです。

 

猫缶などを食べたことがある人は知っていると思いますが、ペットフードはとても味が薄いですよね。

 

それくらいペットフードは塩分控えめとなっています。

 

毎日同じフードで可哀そう、という理由で、人間用の食べ物をあげる方もいますが、犬や猫は人間ほど味覚がハッキリあるわけではありませんので、食べ物の味に飽きることはありません。

 

低カロリー高たんぱくな総合栄養食フードと水をしっかり与えていけば、それで十分なのです。

 

 

愛猫の健康を考えるなら、グレインフリーのフードを選び、人間用の食べ物は絶対に与えないように注意してください。

 

 

猫の病気の原因

 

 

低品質のキャットフードばかり毎日与えていると、腸内の環境も乱れてきて、下痢、軟便だけではなく、様々な病気の温床にもなります。

 

また、食べたものがしっかりと消化、分解されずに排出されると、食べ物のニオイが付いたまま便として出てしまい、これが食糞の原因となります。

 

 

更に、人間同様、猫も免疫細胞は腸内に集中している為、腸内が乱れると様々な病にかかりやすくなってしまいます。

 

 

突然アレルギーが出始めた、抜け毛が多くなった、という事もよくありますし、特に最近の飼い猫は、腎不全、尿結石、糖尿病になる子が増えてきています。

 

出来ることなら病に悩まずに、毎日元気に過ごしてもらいたいですよね。

 

 

しかし、高品質なフードをあげていれば、病気にならないというわけではありません。

 

どんなに高品質なフードを与えていても、菌やウィルスで風邪を引いたり、腸内が乱れることもあります。

 

 

これは人間も同じですよね。

 

毎日、肉、魚、野菜、果物などバランスよく食べていても、風邪を引くときはひきますし、体調を崩すこともあります。

 

 

猫も人間も、病に負けない健康的な体を維持するには、腸内の環境を整えることはとても大事なんです。

 

 

人間ならサプリメントを飲んだり、ヨーグルトを食べたりなどできますが、猫は飼い主さんから与えられるものしか基本的には食べることができません。

 

 

その為、愛猫の健康管理は全て飼い主さんにかかっております。

 

 

 

ペット用のサプリメントなんて本当に効果があるの?と思う方はまだまだ多いでしょうが、獣医さんもペット用のサプリメントはお薦めしているので、今のフードに不安のある方、下痢や軟便、食糞する、毛並みがべたつく、体臭、口臭がきついという猫ちゃんには、一度、猫用の乳酸菌サプリメントを試してみることをお薦めしますよ。

 

 

高級なグレインフリーの総合栄養食フードを与えて、その他にもサプリメントもあげるとなると、毎月のコストが・・・・と心配される方も多いでしょう。

 

しかし、愛猫が突然病気になり、いざ動物病院で診てもらうとなると、初診料、再診料などでかなりの金額がかかります。

 

 

ちょっと大きな病院で診てもらうと、10万円を超える場合もありますし、入院すると更にもっとかかります。

 

ペット用の保険もありますが、まだまだカバーできない部分もありますし、入っている人も多くはありませんよね。

 

 

犬や猫を飼うことは、悲しいですがお金がかかるということは飼う前に、まずはよく理解しておきましょう。

 

 

 

猫用のサプリメントを選ぶなら、自然素材で無添加の物

 

最近では、ペット用のサプリメントも色々出ていますが、もちろんサプリメントならなら何でもいいというわけではありません。

 

サプリメントも一番大事なことは、どんな成分、原材料が使用されているかです。

 

 

人間用と違って犬や猫は規制も厳しくありませんので、サプリメントと言えども低品質なものもたくさんあります。

 

 

せっかくサプリメントをあげても、添加物だらけのものでは意味がありません。

 

 

ドラッグストアなどで販売されている安価な商品は注意が必要ですね。

 

 

まずは、自然系成分、そして、無添加です。

 

 

 

 

天然の自然素材、無添加で選ぶなら、猫用乳酸菌サプリメント「kokona(ここな)」がお薦めです。

 

猫用のサプリメントで無添加というのはあまり聞いたことがありませんでしたが、最近ようやく出てくれました。

 

 

 

kokonaは、業界でもトップクラスの厳選された自然系成分15種類を配合しており、更に無添加で作られています。

 

しかも、残留農薬、放射能検査、GMP認定工場で製造など、人間のサプリメント同様の厳しい検査、品質管理の元作られていますので、副作用の心配などなく、いつでも安心安全にあげることができます。

 

 

原材料、品質には特にこだわって作られており、正直、ペット用のサプリメントでここまでコストをかけて製造されているものは他には中々ありません。

 

 

その分、お値段はちょっと高いですが、kokonaにはそれだけの価値は十分にあります。

 

 

猫用の高品質サプリメントをお探しの方は、是非一度、乳酸菌サプリメント「kokonaーここなー」をチェックしてみてください。

 

 

今なら公式販売店で期間限定のお得な特別キャンペーンをやっていますので、kokonaを試してみるなら今がチャンスですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫用の乳酸菌サプリメントなら「kokona-ここな-」

 

▼ ▼ ▼ ▼

 

ねこちゃん専用、腸内サプリメント【kokona-ここな-】